今、私を寄ってたかってイジメる、、、ではなく、指導してくれるのが、A氏、B氏、直属上司C氏、と、、、昨日は元上司D氏まで登場した。C氏はdermes 脫毛價錢練習には入らず、あとでどんな問題点があったかをA,B氏から連絡があり、私に訂正、指導するという形。困ったことに、、、それぞれポイントとすること、つまりここをおさえておけばいいよ!ってことが違うねん…。


前々回A氏が言ったことと、B氏は、まあ、近いけどB氏の方が複雑。しかもB氏は衣料品出身の人ではない。
そこへD氏が加わったからさらにややこしくなり、、その練習が終わった後で、私にさっきの内容は衣料品とはつながらない、もっとこうしたほうがいい」、、とご意見をくれ…で、上司C氏の言うことはまたポイントが違う。つまり、私が今の試験にトライできたのは前任上司の推薦でなので、今のC氏はそれを引き継いだだけってことで、

私のこれまでの業務内容だとか、適正だとかは良く知らな保濕くて当然なのだけどそろそろ映画「MADE」も上映会場が変わったりするころ?テレビ番組の中や、予告とかで流れているのだけど、私の好きなシーンがあります。まず。何度みても笑えるシーンですが。一連のつながりも最高だけど、この時のスンリの様子にツボりましたたぷが暴言吐きまくって大騒ぎしてるところ、、

スンリ。知らんぷり。手早くシャワーを浴びて寝室の外から聞き耳を立てる。部屋を出ていたのは、ほんの15分程度だ。泣いているか。それとも。中からはなんの音も声も聞こえない。音を立てないようにレバーを下げ、寝室のドアを開ける。ベッドの上には両手を頭の上に上げたまま、横向きに壁の方を向いている笙子がいた。
間接照明の薄明かりの中、広いベッドの中央で膝を曲げ小さく体を丸めている。


シーツの色は濃いモスグリーン。その上に投げ出された白いふくらはぎがと小さな足先がもぞもぞと動いていた。ふっ、と時折吐息が漏れる。腰もゆらゆらと揺れている。突然、両の足先がばdermes 價錢たばたと暴れ出した。んー、と癇癪を起こしたような声が聞こえたかと思うと、ばたんとベッドを脚で叩く。斉木さん……さいきさーーん……