2016年10月

同級生でしかも同じ時期に結婚した友人は、旦那だけでなく出会い系で男を漁り、セックスを楽しんでいる。
それに比べて私は、月に一回の旦那のセックスと鑽石能量水系統 毎晩のオナニー。しかも、最近ではそのオナニーさえも上手く出来ていない・・・・
そう思う京子は、自分だけが何かとても損をしているような気がした。
しかし、だからといって出会い系で男を見つけるなんて度胸は京子にはない。それに、一生懸命働いている夫を裏切り、他の男と遊ぶなんて京子には考えられなかった。

そんな事を考えていると、またモヤモヤ感が湧いて来た。
出会い系で知り合った男とセックスをするなど現実では考えられない事だったが、しかし心の底には少しばかりそんな願望が潜んでいるようだ。
(夫以外の男と・・・・・)
リアルにそれを想像すると、溜っているモヤモヤ感が急激に活発になるのだ。

突然湧き出たモヤモヤ感に、もしかしたら今夜はオナニーが成功するかも、っとちょっと嬉しくなった京子は、急に深夜のベッドが恋しくなり、ワクワクしな鑽石能量水電解水 がら中吊り広告から視線を落とした。

と、その時、ふと正面の座席を見ると、いつの間にそこに来たのか「あの男」が京子の真正面にドカッと座っていた。

(えっ?)と京子が驚くと、男は携帯を弄るフリをしながらジッと京子の足を見つめている。

京子はとたんに背筋をゾッとさせたのだった。

男はかなり酔っぱらっているようだった。
真っ赤な顔を火照らせ、まるでマラソンを終えた後のように苦しそうに息を吐きながら気怠そうな鑽石能量水價格 視線を向けて来る。

怖くなった京子は席を移動しようかと考えたが、しかし、今ここであからさまに立ち上がる勇気はない。
ただ、電車内には他にも大勢の乗客がいる。だからたとえ酔っていようともおもむろに痴漢して来るような事はないだろうと自分を落ち着かせ、そのまま知らん顔して寝たフリをすることにした。

押し入れの奥からビニールの板っぺらを引きずり出した。赤と關節痛症白が鮮明に輝くそれは、圧縮パックで押し潰されたサンタクロースの衣装だった。

進藤は深い溜息を吐きながらミシミシと圧縮パックを広げ始めた。これから朝までこの服を着て雪空を飛び回るのかと思うと、持病の座骨神経痛がツキーンっと腰に走り、たちまち暗い気分に陥った。
(もう嫌だ……)
進藤は白いボンボンの付いたサンタ帽子を畳に投げ捨てながらぐったりと項垂れた。
実際、六十五才の老体にサンタクロースという重労働は無理があった。しかも今年の五月に胃のポリープが三つも発見され九月に退院したばかりの病み上がりなのだ。
(このまま寝てしまおうか……)
そう思った瞬間、屋根の上からトナカイの鈴がチリリンっと聞こえた。その鈴の音は、進藤の今の心を読み取ったトナカイが催促しているようだった。

進藤關節痛症は精気のない目を貪よりと開き、重い腰をゆっくり上げた。サンタガウンを気怠そうに羽織りながら溜息をつき、窓の外にソッと目をやった。
隣家の庭に積もった雪に、リビングの窓から溢れるクリスマスツリーの電飾がチカチカと反射しているのが見えた。漆黒の夜空には吹雪の渦がとぐろを巻き、轟々と唸りをあげていた。
進藤はそんな恐ろしい夜空を見上げながら心に誓った。今度こそフィンランドの本部長に直談判し、なんとしても今年を最後に引退させてもらおうと。

そう思ったら少なからず心と体が軽くなったような気がした。押入れに潜り込み、そこから屋根裏によじ登った。一年間溜った蜘蛛の巣を顔面に受けながらミシミシと屋根裏を進む進藤は、こ體重控制れが最後だから、と、自分に言い聞かせ、その病み上がりの老体に鞭を打ったのだった。

安倍総理は国会で行う答弁について、「私は内閣Pretty renew 傳銷を代表して政府が出している法律案や予算案について述べなければいけない」と説明した上で、自民党の憲法改正草案については「論評はできるが答える義務はない」と述べ、改めて国会の憲法審査会で各党が議論を進めることに期待感を示しました。   これに対し、民進党の山尾議員は、「一国の総理に憲法改正についてどう考えているか聞かせてもらいたいと思っても、総理の気分次第ということか」と強く反発。その上で、総理や国務大臣の国会への出席義務などを定めた憲法63条について、自民党の改正草案では「答弁拒否どころか出席拒否までできることになっている」と指摘し、「こんな改正草案が通ったら立法府の役割を果たせなくなる。国民主権という普遍の原理に反する改憲案だ」と批判しました。 民進党の蓮舫代表が就任して、まもなく1カ月となる。初めての女性党首として、政権交代の受け皿となる野党第1党を目指す方針を示したが、果たして、民進党Pretty renew 傳銷は変わったのか。「浪速の爆弾男」の異名を持つ、日本維新の会の足立康史政調副会長に、野党サイドから見る「蓮舫民進党」について聞いた。   「蓮舫氏は代表選で『批判から提案で臨みたい』とか、共産党との選挙協力にも抑制的なことを言っていた。私は『難しいのでは』と半分思いながらも、『ひょっとしたら、面白い展開になるかもしれない』と興味深く見ていたが、やっぱりアカンかった」   これまで民進党を“超辛口”で問題視してきた足立氏だが、実は「国益のため」に民進党の変化に期待を寄せていたという。だが、淡い期待はすぐに裏切られた。   臨時国会で、民進党は「批判から提案」に路線Pretty renew 傳銷 転換したはずだが、足立氏は「(国会での論戦を聞く限り)どうやったら、政府・与党の足を引っ張れるか」に重点が置かれていると分析する。   民進党は8日の全国幹事会で、次期衆院選でも共産党などと候補者を一本化する方針を確認した。綱領に「日米安保の廃棄」「自衛隊の解消」を掲げる共産党との「民共路線」の継続である。

安倍総理は国会で行う答弁について、「私は内閣を代表して政府が出している法律案や予算案について述べなければいけない」と説明した上で、自民党の憲法改正草案については「論評はできるが答える義務はない」と述べ、改めて国会の憲法審査会で各党が議論を進めることに期待感を示しました。   これに対し、民進党の山尾議員は、「一国の総理に憲法改正についてどう考えているか聞かせてもらいたいと思っても、総理の気分次第ということか」と強く反発。その上で、総理や国務大臣の国会への出席義務などを定めた憲法63条について、自民党の改正草案では「答弁拒否どころか出席拒否までできることになっている」と指摘し、「こんな改正草案が通ったら立法府の役割を果たせなくなる。国民主権という普遍の原理に反する改憲案だ」と批判しました。 民進党の蓮舫代表が就任して、まもなく1カ月となる。初めての女性党首として、政権交代の受け皿となる野党第1党を目指す方針を示したが、果たして、民進党は変わったのか。「浪速の爆弾男」の異名を持つ、日本維新の会の足立康史政調副会長に、野党サイドから見る「蓮舫民進党」について聞いた。   「蓮舫氏は代表選で『批判から提案で臨みたい』とか、共産党との選挙協力にも抑制的なことを言っていた。私は『難しいのでは』と半分思いながらも、『ひょっとしたら、面白い展開になるかもしれない』と興味深く見ていたが、やっぱりアカンかった」   これまで民進党を“超辛口”で問題視してきた足立氏だが、実は「国益のため」に民進党の変化に期待を寄せていたという。だが、淡い期待はすぐに裏切られた。   臨時国会で、民進党は「批判から提案」に路線転換したはずだが、足立氏は「(国会での論戦を聞く限り)どうやったら、政府・与党の足を引っ張れるか」に重点が置かれていると分析する。   民進党は8日の全国幹事会で、次期衆院選でも共産党などと候補者を一本化する方針を確認した。綱領に「日米安保の廃棄」「自衛隊の解消」を掲げる共産党との「民共路線」の継続である。

安倍総理は国会で行う答弁について、「私は内閣を代表して政府が出している法律案や予算案について述べなければいけない」と説明した上で、自民党の憲法改正草案については「論評はできるが答える義務はない」と述べ、改めて国会の憲法審査会で各党が議論を進めることに期待感を示しました。   これに対し、民進党の山尾議員は、「一国の総理に憲法改正についてどう考えているか聞かせてもらいたいと思っても、総理の気分次第ということか」と強く反発。その上で、総理や国務大臣の国会への出席義務などを定めた憲法63条について、自民党の改正草案では「答弁拒否どころか出席拒否までできることになっている」と指摘し、「こんな改正草案が通ったら立法府の役割を果たせなくなる。国民主権という普遍の原理に反する改憲案だ」と批判しました。 民進党の蓮舫代表が就任して、まもなく1カ月となる。初めての女性党首として、政権交代の受け皿となる野党第1党を目指す方針を示したが、果たして、民進党は変わったのか。「浪速の爆弾男」の異名を持つ、日本維新の会の足立康史政調副会長に、野党サイドから見る「蓮舫民進党」について聞いた。   「蓮舫氏は代表選で『批判から提案で臨みたい』とか、共産党との選挙協力にも抑制的なことを言っていた。私は『難しいのでは』と半分思いながらも、『ひょっとしたら、面白い展開になるかもしれない』と興味深く見ていたが、やっぱりアカンかった」   これまで民進党を“超辛口”で問題視してきた足立氏だが、実は「国益のため」に民進党の変化に期待を寄せていたという。だが、淡い期待はすぐに裏切られた。   臨時国会で、民進党は「批判から提案」に路線転換したはずだが、足立氏は「(国会での論戦を聞く限り)どうやったら、政府・与党の足を引っ張れるか」に重点が置かれていると分析する。   民進党は8日の全国幹事会で、次期衆院選でも共産党などと候補者を一本化する方針を確認した。綱領に「日米安保の廃棄」「自衛隊の解消」を掲げる共産党との「民共路線」の継続である。

↑このページのトップヘ