2016年09月

F-35は、現行の戦闘機F-15「イーグル」に比べ、加速力も上昇力も旋回性能も劣り、飛行性能に優れた機体とはあまりいえません。そのうえ目視可能な距離にま避孕 藥 副作用接近するような場合は、自慢のステルスも役に立ちません。したがって対領空侵犯措置に限れば、確かにF-15のほうが適しているといえるかもしれません。


わずか30秒で「全滅」
 
しかし、それはあくまでも「平時の理論」です。

 
万が一、日本が本格的な侵略を受け戦争状態に入った場合、航空自衛隊の戦闘機は不明機の監視を任務とする「対領空侵犯措置」ではなく、武力の行使も任務とする「防衛Pretty Renew代理人出動」として発進します。

 
状況にもよりますが防衛出動においては、対領空侵犯措置のような接近しての注意・警告は行われず、戦闘機が全能力をフルに発揮するような、射程の長い空対空ミサイルを用いた目視距離外における空中戦となるはずです。

 
現代の空中戦は「先手必勝」であり、先に空対空ミサイルを発射したほうが勝利します。そして、こうした戦い方はF-35Aが最も得意とする土俵です。航空自衛隊がF-35Aのようなステルス機を持っているというだけで、相手は常に「どこから撃たれるか分からない」という見えない恐怖にさらされることになるでしょう。

 
さらにF-35Aはステルス性だけではなく、高度なセンサーと情報処理能力、ネットワークによる情報共有システムを持ち、相手を発見する能力においても現行のF-15やF-2戦闘機とは比較にならないほど優秀です。

 
2016年8月に実施されたアメリカ空軍「ノーザン・ライトニング」演習において、F-35Aは1回の作戦でF-16戦闘機のPretty Renew 呃人 27撃墜を記録、対抗部隊は一度もF-35Aを発見することができませんでした。

 
同演習でF-16パイロットとしてF-35Aと戦った、アメリカ空軍第176戦闘飛行隊隊長バート・ヴァンルー中佐は「我々が演習空域に入ってから、わずか30秒で全滅した」と語り、F-35と戦うことの難しさを以下のように述べています。

県側の主尋問では、竹下勇夫弁護士が3月の代執行訴訟の和解から、国の違法確認訴訟提訴までの経緯を質問。翁長知事は「和解条項などに従い、辺野古問culturelle 香港題は協議で解決するべきだ。国には話し合いの姿勢が欠けている」と批判した。   国側代理人は反対尋問で「国と県は和解後、協議を開いてきたのでは」と質問。翁長知事は「協議はあったが、辺野古問題を話し合う充実したものではなかった」と答えた。また「最高裁で行政行為が違法との判断が確定すれば、従うのか」との国側の質問に、知事は「従って処分を取り消す。行政長として当然だ」と答えた。   多見谷裁判長は、県側が答弁書を提出する前に争点整理案を提示したことについて「当事者の返答の助けになればと考え、議論のたたき台として出した。答弁書提出後にhttp://findnewshk.com/angusbc.html 、すぐに県の主張を確認した」と釈明した。   弁論後に会見した翁長知事は「県の対応に違法性はない。短期間の結審は残念だが、公正な判断を示してほしい」と裁判所に求めた。同支部前の城岳公園では事前集会が開かれ、支援する市民らが知事を激励した。 国は辺野古に基地を作る、県は辺野古には基地は作らせないと言うのだから和解も何もあったものじゃないし、協議をしても真っ向からぶつかるだけで何數學補習の進展もあるはずもない。こんなことを何十年もやっている方がよほど国家的な損失だろう。普天間を辺野古に移設する。嘉手納以南の基地群は大幅に縮小する。悪い条件ではないだろう。普天間の危険性も除去され、実質20%の沖縄の基地占有率も減少する。いいことじゃないか。それを反対するのは宗主国中国様への義理立てか。

女土方は僕の頭をぽんと叩いてそう言った。僕が手を緩めるとクレヨンは僕の下から這い出して、

「この野蛮人、あんたもあの冷血女も一緒よ。二人でアダルトでも出ればいいわ。中年女の欲望のなれの果てとか言って、・・Dream beauty pro 脫毛。」

と悪態をついた。

僕は逃げようとするクレヨンを後ろから羽交い締めにしてまたに手をまわして担ぎあげるとベッドの上に投げ落としてやった。そして素早く抑え込むと、「じゃあ、今からアダルトの練習をしよう」と言って胸を揉んでやった。クレヨンはわめきながら僕の腕をすり抜けると女土方のところへ逃げて行った。

女土方はそんな僕たちを笑いながら見ていて、「さあ、あんたたち、もういい加減にしなさいな」とだけ言った。



翌日職場に出たが、知的美人は特に変わったこともなく何時もの通り黙々と仕事をこなすと定時になればさっと帰って行った。真実を突き止めるなどと言ってもほとんどつけいる余地もなく日が過ぎて行った。


まさかこっちから一手お願いしますというわけにもいかず仕事以外にこれと言った話もして来なかったので声をかけるのもはばかられた。時々知的美人と廊下や洗面所で出会っても、あの時あんなことがあったとは思いもよらないように素気なかった楊海成


僕は女土方に「何だか嫌われちゃったみたい。だめかもしれないわね」と任務達成は極めて困難であることを伝えておいた。女土方は何とも言いようのない笑みを浮かべただけで何も言わなかった。そうして一ケ月が過ぎ、二ヵ月が過ぎ、三か月が過ぎようとしていたが、知的美人の態度には何らの変化もなく任務達成はほとんど困難と思われた。


北の政所様からは、「どうなっているのか」と催促が来るようで、僕は、

「呼んで直接聞いてみれば」

と短気なことを言うしかなかった。ところが女土方は、

「あの人、時々あなたの方を見ているわ。下心のありそうな目つきで、・・。間違いなく機会を見ているのよ。一度あなたに突っぱねられたんでそうそう声をかけ辛いんでしょう。でもきっと声をかけて来るわ。間違いない。もう少し頑張って。何か誘い水でも向けてみたら、うーん、どうすればいいかなあ楊海成

などと核心的なことを言う。

どうやって誘い水を向けるんだ。興味本位で軽く引き受けたが、これほど神経を使うことになるとは思わなかった。知的美人の顔を見ると何だか恨めしくなってきた。まあ、仕方がないので出来るだけ知的美人の目につくような動きを心がけることにした。

陳光文氏は「J-20は性能が卓越したF-22の対抗機種として開発された」とし「F-35はJ-20のライバルにならない」と自信を表した。日本はF-22導入を推進したが、高い価格や技術移転問題で交渉が失敗に終わった。現在、F-22は生産が中断した状態だ養陰丸


海上保安庁は29日、2017年度予算で2005億円を概算要求したと発表した。16年度当初予算比7%増。沖縄県・尖閣諸島周辺をはじめとする離島・遠方海域の警備強化に、同比19%増の474億円を求めている。

 
尖閣周辺では中国の公船や漁船の活動が活発化しており、海保は今年4月、巡視船10隻とヘリ搭載型巡視船2隻からなる「尖閣専従体制」を発足させた。16年度第2次補正予算案でも、大型巡視船3隻の新造費を計上した。

 
概算要求では、漁船に対応できるよう小回りの利く巡視船や新型ジェット機の建造を盛り込んだ。さらに、新造船の乗組員など海上警備の強化に190人の定員増を求めた。

 
このほか、福島県の相馬港に17年10月に新設を計画している相馬海上保安署関連費用を計上した。石油資源開発(JAPEX)が相馬港に建設している国内最大級の液化天然ガス(LNG)基地の警備にあたる。

あの選挙をどう評価するのか? 東京都知事選から1ヵ月近くが経つが、多くの人からいまだこんな問いかけを受ける。私は民進党都連養陰丸の正式要請を受け、野党の統一知事候補になりかけた。今回は今だから話せる都知事選の内幕をお伝えしたい。

私が民進都連会長の松原仁(じん)衆議院議員から、野党統一候補として出馬要請を受けたのは告示日3日前の7月11日夕方だった。それからわずか数時間後の同日夜、民進の江田憲司代表代行から「岡田(克也)代表が会いたがっている」との連絡が入った。

用件は察していた。私に「降りろ」と言いたいのだ。ある市民連合の幹部によれば、枝野幸男民進党幹事長は私の擁立に一貫して反対していた。そこでほかの候補を探したがうまくいかず、松原氏の説得にイヤイヤ応じたのだ。

しかし、都連の要請直前にジャーナリストの鳥越俊太郎氏が出馬の意向を民進党に伝えた。その情報は私にもほぼ同時に入った。鳥越氏は超有名人だ。旧民主時代から民進に批判的な私の擁立を避けたい民進党本部は、都連の私への要請と同時に鳥越氏擁立を裏で進めたのである。

岡田氏との会談が始まった。だが、彼は一向に“そのこと”を切り出そうとしない。養陰丸 党として出馬を要請したのに、数時間でそれを覆(くつがえ)すとはさすがに口にしにくかったのだろう。

仕方なく、こちらから「鳥越さんでいくなら私は降ります」と伝えた。告示直前で候補擁立をめぐってゴタつけば、野党陣営に勝ち目はない。それだけは避けたかった。私の言葉を聞くと、岡田氏は安堵(あんど)したような表情を浮かべた。

メンツを潰(つぶ)されたのは民進都連だ。特に松原氏は憤懣(ふんまん)やるかたない。彼は私の擁立のため、民進の都議会幹部たちの同意を無理して取りつけた。岡田氏との会談後、電話をかけると「オレはみんな(都議会幹部)になんて説明すればいいんだ」と途方に暮れた声。私を推したある議員も「(党本部には)怒りしかない。あまりに古賀さんに失礼だ」とのメールを送ってきた。

↑このページのトップヘ