まあ、外資の中堅企業ってのはある意味You Find昇華在線ちょうどいいって言やあ、ちょうどいい規模のコミュニティーだったもんなあ」 ああ、あの『赤い砂漠』の常連系ってのもいい感じだよな。 おかげですぐにルームメイトも見つかったし」 ああ、そうね。 でもまあ、これかdermes 激光脫毛らも楽しくなるんじゃないか?ここでの生活なら」 そうだといいね」 とナカバヤシは、 あれ?」 と言って急に顔色を変えた。 どうした?」 あれ・・・、あれだよ、聞こえるだろ?」 とナカバヤシが急に小声になる。 えっ? だから何?」 とホンジョウもつられて小声になる。 こっちのあたりからだ。 そうか、こっち側って言うことはトオルとミユキちゃんだな」 ああ」 と微妙な上下振動が聞こえることにホンジョウも気づき、 やってるねえ」 とニヤリと微笑む。 あれ? ちょっと待った。 なんだかあっちの方からも聞こえてこないか?」 とナカバヤシは目を細めながら逆の方の天井に耳を傾けている。 ああ、そんな感じ。 お隣さんまでもかよ」 バイブレーションの伝達かなあ?」 ああ、生命誕生の鼓動ってヤツだね」 とホンジョウは腕を組んで天井面全体を見回している。 しかし、なんだねえ。 わけのわかんない展開になったもんだよな。 オマエを盛り上げようって言うサプライズのはずだったに、予定外のふたりがよりによって前の彼氏、彼女と盛り上がっちゃてさあ」 そう言うなんか・・・、オマエが一番寂しそうだね」 まあ、俺は管理人みたいなもんだから、ここの」 開き直りか?」「そうだ、マキさあ・・・、俺ちょっと思ったんだけどさあ」 とナカバヤシ。 何?」 とマキはだるそうに応える。 あのヒカルさん、なんかすごくナチュラル系だよね? なんかノーメークみたいだったし」 そうねえ、いつもあんな感じだけど。 ねえ、ホンジョウさん?」 えっ? ああ、そうだね。 それがどうかしたのか?」 うん。 例えばさあ、ああいうタイプの娘がね、ほら、今度ホンジョウがデートなんかに誘ったとするじゃない? それでそん時にちょっとだけ普段より濃いメイクとかして来たらなんかいいよね?なんて思って。 ほら俺基本、オンナは化粧が濃くて巧いほうが好きだからさ」 変わってるねえ、ナカバヤシさん」