ああ、そう言えば彼女子宮頸癌では樓宇套現なくて、一時期軽い子宮筋腫があったとかで???、わたしが遠隔ヒーリングしてキレイに治しましたよ。
今はもうそっちの方も全然大丈夫だと思いますよ」
とそのセガワと言うオトコは平然と言ってのけた。

で、でも???、じゃ、じゃああのジェシカが言ってた、あ、あの」
ジェシカ?」
ええ。
彼女、セガワさんもご存知なんですか?」
と問い掛けるわたしに、
ああ、波照間ジェシカさんね」
とセガワは、ほくそ笑むような仕草でそう言った。
そ、そう???、か、彼女が教えてくれたんですよ。
ミクが死んだだの、子宮頸癌だのって!」
そうなんですか」
と言いながら相変わらずそのセガワとか言うオトコは何かを含んだような笑顔で下を向いている。
じゃあ、あの人の言ってたことはみんな?」
と問いただそうとするわたしに向かってセガワは真面目とも冗談ともとれるような言い草でこう続けた。

まあ、と言うかジェシカさんはですねえ。
ジェシカさんは、この星の人間じゃないんですよ、この地球と言う星の???」

は?」
ホンジョウさん、どうやら間に合ったようですね」
間に合った?」

やはりジェシカさんの読みは正しかったようだ。
あなたがこれを持って今日ここに現れると言う???」
これって?
あの、これにはやはりそう言った?」
ええ。
結界は完了しました。
これでトウキョウは大丈夫でしょう。
最悪の事態は免れることが出来ました」
あ、あの???、俺にはまだよくわからないと言うか?」
と言いかけたわたしを遮る奶粉格價 かのようにジェシカはこう言った。

ホンジョウさん、これは3次元のロジックでは簡単に説明出来ることではないの。
ただし、あなたが疑問に思っているいくつかのことに答えるとするならば???、あっちの世界でヒカルであったところのユナとあなたの魂の因縁を解決することが、今回の結界エネルギー調合にとって必要だったってこと。

世界はね、ホンジョウさん、実は一度???、去年の段階でヒカルの存在を消すために改変されているのよ。
そしてそのグループソウルであるユナが、今わたしたちがいるこの世界に誕生した」