もう一つはリゾートホテルの企画書だった。 先ほど、貴彰が言った通りの内容にPretty Renew 美容院なっており、リゾートホテルはホテル滞在完結型の、スパや各種レストラン、スポーツ施設、チャペルや体験教室などが一体化された内容になっていた。 コンセプトが水瀬リゾートアンドスパに似てますね」 おや、MRSをご存知なんですか?」 早雪の呟きに貴彰が意外そうな顔をする。 ええ…」 早雪は企画書を置きつつ、ワイングラスを手にした。 一口飲み、苦笑する。 結婚式を…挙げたんです。MRSのチャペルで。といっても、リニューアルされる前の水瀬リゾートホテル時代の…ですけど」 その言葉に貴彰が言葉を失った。どこか気まずい沈黙がその場を支配する。 複雑な表情の貴彰Pretty Renew 美容院を見て、早雪は少し怪訝に思いつつ付け加える。 去年離婚したんですけどね…」 …そう、でしたか…」 やっと言葉を絞り出したように貴彰が呟き、何かを考えるようにうつむいている。しばらくして顔を上げると、悲しげに笑う。 では、バツイチ同盟でも組みましょうか?」 あれ?貴彰さんもバツイチなんですか?」 ええ。もうかなり昔ですが、学生結婚しました。20歳で妻は亡くなり、それから結婚はしていません」 予想だにしなかった貴彰の過去に、早雪は驚きを隠せなかった。 そして、以前自分が口にした不用意な言葉を思い出した。 すみません…、私、前に失礼なことを…」 近しい人を亡くしたとしても、時が解決してくれる。人に話せば楽になる場合もある。 そのような発言をしたのを思い出した。 いえいえ。あなたの言いたい事は伝わったので気にしなくて大丈夫ですよ」 いえ、無神経でした。なんだか、自分ばっかり辛いみたいな気持ちになっていて…、本当に嫌な思いをさせてしまってすみません」 早雪の謝罪に貴彰はゆっくりと首を振る。 …妻の死は今でも辛いですが、確かに時間がその悲しみを薄めてくれました。大失恋もしましたが、今では綺麗な想い出になっています。ただ、そのせいで少し臆病にはなったかな。傷つくのが怖いというか…」 貴彰の言葉に早雪は悲しげな彼の顔を見つめる。 それが、貴彰さんの問題ですか?」 ええ、まぁそうですね。ちなalmo nature 好唔好みに、私が大失恋した元恋人も、MRSのチャペルで結婚式をしたんですよ」 え?!そ、それは、思い出させてすみません…」 あはは。偶然とは怖いものですね」 貴彰は申し訳なさそうにする早雪をおもしろがるように笑い、しみじみと言った。 で?」 え?」 情報交換ですよ?あなたの問題は離婚問題ですか?」 うまく情報を引き出そうとする貴彰に苦笑しながら早雪は話し始める。 不思議と、言葉がすんなり出て来て自分でも驚いていた。 離婚だけじゃなくて…、私…子どもが二人います。」