真理の生活では、姉としての自覚や知恵他に何かが生まれていた。
どんな人に対しても、優しさや思いやりを笑顔で表現していたようだが、相手の心理が見えるような笑顔にも見える。
しかし、静かな眼差しで優しさや思いやりの温かさに癒されるが、別の能力もあるようだったが表情に出す事も表現する事も出来なかった。
何よりも、人の心を癒す真理の微笑には、誰もが、微笑を返し、挨拶を交わしていた。
叔父夫婦は、悩みや不安と苦しみというものとは、無縁のように思えていた。
真理には、何か人を引きつけるものが感じられた。

小学2年生になった真理には、多くの友達ができた、常に真理の周囲には女子生徒達がいた。
多くの互いに助け合える友達が出来ると、努力を惜しまない、勤勉さも備わったようだ。
真理は、色々な花や観葉植物を好み、毎日のように、植物図鑑を開いて見ていた。
図鑑の中で、真理が最も興味を示していたのは主に「HERBS図鑑」であった。
その図鑑には、ハーブの花や葉の形、育て方、薬効、歴史などが記載されていた。
その中で、特に興味を持ったのは、数百数千年前からの歴史であった。
ハーブの歴史は、時代ごとに常に受け告げられ、様々な書物や図鑑に残されている。
常に新しいハーブがあれば、その書物には次々と記載されていた。

真理にとって幾つもある、HERBSの書物は、次々と叔父夫婦は新しい書物や図鑑を購入していく。
真理に大切なもの欠かせないものは、真理を思う叔父夫婦にも欠かせないものになる。

叔母は、ハーブの苗を手に入れ、真理に与えると、笑顔で受けとり、庭の数箇所に植えた。
毎日のように、水やりをする真理の姿は、まるで、自分の子供を育てるように、声をかけていた。
そんな真理に、叔父夫婦は、真理へあふれんばかりの愛情を注いだ。
内科医の叔父の診療所には、笑顔の真理の笑顔が、不可欠になっていく。
いつまで桑黄も笑顔を絶やさないようにと、診療所には他の子供達も預かる保育場所を新たに設けた。
他には、遊び場として庭の改築もおこなった。

今、私を寄ってたかってイジメる、、、ではなく、指導してくれるのが、A氏、B氏、直属上司C氏、と、、、昨日は元上司D氏まで登場した。C氏はdermes 脫毛價錢練習には入らず、あとでどんな問題点があったかをA,B氏から連絡があり、私に訂正、指導するという形。困ったことに、、、それぞれポイントとすること、つまりここをおさえておけばいいよ!ってことが違うねん…。


前々回A氏が言ったことと、B氏は、まあ、近いけどB氏の方が複雑。しかもB氏は衣料品出身の人ではない。
そこへD氏が加わったからさらにややこしくなり、、その練習が終わった後で、私にさっきの内容は衣料品とはつながらない、もっとこうしたほうがいい」、、とご意見をくれ…で、上司C氏の言うことはまたポイントが違う。つまり、私が今の試験にトライできたのは前任上司の推薦でなので、今のC氏はそれを引き継いだだけってことで、

私のこれまでの業務内容だとか、適正だとかは良く知らな保濕くて当然なのだけどそろそろ映画「MADE」も上映会場が変わったりするころ?テレビ番組の中や、予告とかで流れているのだけど、私の好きなシーンがあります。まず。何度みても笑えるシーンですが。一連のつながりも最高だけど、この時のスンリの様子にツボりましたたぷが暴言吐きまくって大騒ぎしてるところ、、

スンリ。知らんぷり。手早くシャワーを浴びて寝室の外から聞き耳を立てる。部屋を出ていたのは、ほんの15分程度だ。泣いているか。それとも。中からはなんの音も声も聞こえない。音を立てないようにレバーを下げ、寝室のドアを開ける。ベッドの上には両手を頭の上に上げたまま、横向きに壁の方を向いている笙子がいた。
間接照明の薄明かりの中、広いベッドの中央で膝を曲げ小さく体を丸めている。


シーツの色は濃いモスグリーン。その上に投げ出された白いふくらはぎがと小さな足先がもぞもぞと動いていた。ふっ、と時折吐息が漏れる。腰もゆらゆらと揺れている。突然、両の足先がばdermes 價錢たばたと暴れ出した。んー、と癇癪を起こしたような声が聞こえたかと思うと、ばたんとベッドを脚で叩く。斉木さん……さいきさーーん……

企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。<a style="color:#000000;text-decoration:none;" href="http://bba.hkbu.edu.hk/txt/selection-of-subjects.html">JUPAS 面試</a>春奈は、自らの恋と聖志の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。だからこそ、自由にしてくれていた。同棲相手に会わせるように」

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖志を会わせる事をしなかった。春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。
聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。聖志は、退職を決意し上司に話をした。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていた営業部の社員が引き継いだ。東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、<a style="color:#000000;text-decoration:none;" href="https://plus.google.com/108899290135621663492">neo skin lab 好唔好</a>ストレスは特に感じない。もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。東京にいた時は、眠れない事もあった聖志だが、人生として考えれば、人生の眠りについていたのかもしれない

と思う聖志。葉月と子供と一緒にいられると、眠れない日はない。もう二度と、死を求める事はないだろう。

月日が経ち、光起は営業部の笹<a style="color:#000000;text-decoration:none;" href="http://url-click.com/perfect.html">Pretty renew 呃人</a>本紀香と交際が始まった。紀香には、彼女だけの不思議なものを光起は感じていた。紀香「ねえデザイナーって楽しい?」と、光起に聞いてきた。光起「楽しいわけじゃないよ、ただ無いものを作り上げていく事が面白い」と、高校生時代からの事を紀香に話す。普通に話す光起が気になるのは綾香の事だった。

紀香は光起のそんな気持ちを知りながら声を掛けて行く。紀香「そうなんだ、そんな前からね、才能なのかな?」紀香はデザイナー希望で会社に入ったと言っていた。しかし、会社は営業部に配属したというのだ。紀香は会社の事を良く知っていた。そして、綾香との事は良い思い出とする事が出来た。、もう一人の命を授かう事になった。

↑このページのトップヘ