企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。<a style="color:#000000;text-decoration:none;" href="http://bba.hkbu.edu.hk/txt/selection-of-subjects.html">JUPAS 面試</a>春奈は、自らの恋と聖志の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。だからこそ、自由にしてくれていた。同棲相手に会わせるように」

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖志を会わせる事をしなかった。春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。
聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。聖志は、退職を決意し上司に話をした。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていた営業部の社員が引き継いだ。東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、<a style="color:#000000;text-decoration:none;" href="https://plus.google.com/108899290135621663492">neo skin lab 好唔好</a>ストレスは特に感じない。もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。東京にいた時は、眠れない事もあった聖志だが、人生として考えれば、人生の眠りについていたのかもしれない

と思う聖志。葉月と子供と一緒にいられると、眠れない日はない。もう二度と、死を求める事はないだろう。

月日が経ち、光起は営業部の笹<a style="color:#000000;text-decoration:none;" href="http://url-click.com/perfect.html">Pretty renew 呃人</a>本紀香と交際が始まった。紀香には、彼女だけの不思議なものを光起は感じていた。紀香「ねえデザイナーって楽しい?」と、光起に聞いてきた。光起「楽しいわけじゃないよ、ただ無いものを作り上げていく事が面白い」と、高校生時代からの事を紀香に話す。普通に話す光起が気になるのは綾香の事だった。

紀香は光起のそんな気持ちを知りながら声を掛けて行く。紀香「そうなんだ、そんな前からね、才能なのかな?」紀香はデザイナー希望で会社に入ったと言っていた。しかし、会社は営業部に配属したというのだ。紀香は会社の事を良く知っていた。そして、綾香との事は良い思い出とする事が出来た。、もう一人の命を授かう事になった。

天国へ行っても、再び出会い、また一緒に暮らしたい 君と僕は、出逢って、共に暮Pretty renew美容らした生活 疲れ切ってしまって、別れてしまって、 再び逢えない事ってあるのかもしれない。 直向き(ひたむき)に想い、大切なものが消えてしまって、悲しみの中にいる君。 本当に大切にしていたものって、何だったのだろう? 考えてみようよ、今こそだから、 大切なものに気がついて、心が動いたから好きになった。 そうは思えPretty renew美容ないだろうか? 信じられるものがあったからこそ、大切にしたいと思った。 前世・後世・過去・現在・未来・その先まで タイムマシンがあれば、ブラックホールを抜けて 愛しき君のもとへ、行きたいと思うだろう。 君なら、愛する誓いを立てられるし、愛する願いを持てると思う。 形じゃない、どんな姿でも誓いや願いは持てるはず。 離れていても、いつまでも、愛して生きていたいと思えるはず。 もう一度 祈って願いを込めて。 君の本当に大切にしていたものって何だったのだろう? 考えてみようよ、きっと自分の心の中にあると思うよ。 思いが想いに変わってね、想いが思いに変わるかもしれない。 君なら、いつでも心の中では、再会できると思うよ。 自分が心を縛っていては、 再Pretty renew 美容会なんて出来ないと思う。 手でふれられるものだけが、全てではないこと。 君は、もう知っているよね 心の中で、良き想い出に再会できること。 君は、もう知っているよね 大切な愛しき君は、心の中では大切に生きているから。 君を愛するよりも、恋をしていたい 君に見てもらえるだけでいい 君が生きているだけでいい 君を愛するよりも、恋をしていたい 君の歩く姿を見ているだけでいい 他には聞こえない、足音だけでいい 優しい眼差し、暖かい温もり、それだけでいい 綺麗な夜空に浮かぶ、星たちよ 僕は想う、君の星座を教えてください 綺麗な夜空に流れる、流れ星よ 僕の想いを君のもとに、伝えてください 君に愛されたとしたら……

そんなに締め付けたらまだ何もしてねぇのにイクじゃねえぇかよ!おまえはそれでいいのか?俺なんにも仕事してねぇぞ?まあ、いつも俺が仕事ばっかして美麗華領隊 んのも不公平だよな?・・たまにはこいつにも仕事させっか?つくしは司の言葉に従い何度も同じ動きをくり返しながら背中をのけぞらせた。ゆっくりと時間をかけて腰が下ろされるたび、結合部からグチュグチュと音がした。

ま、まきのッ・・おれを・・・おれを奪ってくれッ!」恥ずかしそうに俺を見つめる牧野。今さらなに恥ずかしがってんだよ!おまえ今までも上に乗って美麗華導遊 ヤッたことあるだろ?いや・・ないか?こ、この際どっちでもいいから早くしてくれ!

つくしは司の胸に両手をつき、司の先端だけが入っている状態まで腰を上げた。それからまたゆっくりと腰を下ろして司を呑み込んだ。ズブズブと喰われていく馬並と言われる俺のムスコ。「あ・・ああっん・・」

俺を見つめる牧野の顔はすげぇエロい。口は半開きで俺のムスコでも咥えてしゃぶりてぇって感じの顔だ。
いつかその口でムスコをかわいがってくれ!・・ん・・あっ・・ああ・・」け美麗華領隊 どこいつ、いつの間にこんな顔をするようになったんだ?


なんか見て勉強してんのか?俺に隠れてこっそり勉強でもしてんのか?まさか・・あの山荘のエロ小説はこいつの本だったのか?管理人の木村のだと思ってたが・・本当は牧野の本だったのか?なんでいつもいつもこんな夢ばっかり見るんだ?あいつとの回数が足りて無いってことなのか?それに、俺と牧野のお馬さんごっこってのはいつ現実のものになるんだ?

あいつ運搬車から降りた途端、うちのハニーに惚れて付き纏い始めたってんだからすげぇいい度胸してる。ツクシハニーにちょっかい出す馬がいる。そんな連絡を受けて見に行けば、牧野にあの馬あんたに似てるね!なんて言われた始末だ。 俺と馬を一緒に考える女なんて牧野しかいないが、あいつのお願い目線で言われたら買わないわけにはいかねぇ。そんな経緯でうちに来たツカサブラック。

↑このページのトップヘ